トップページ 夢酔のトップページ 夢酔ごあいさつ 活動履歴 ゆめよい日記 夢酔写真館 プロフィール リンク
堂野夢酔(どうの・むすい)・ごあいさつ

2014.3.13. 更新

播州の話題に思う




今年のNHK大河ドラマ「軍師・官兵衛」では私の住む兵庫県西部地区…つまり播州地方が舞台になっています
黒田官兵衛は戦国歴史で秀吉の軍師とし登場しますが影子ゆえ余りメジャーに扱われてきませんでした
地元の私自身も彼のことは全くと言っていいほど何も詳しく知りません

しかし全国放送に刺激され神戸新聞の地元版では姫路市を中心に町興しや歴史探訪などのニュースが連日賑々しく報じられています
放送が始まり興味深く見ていますが最初は御着・姫路・龍野・室津という30qくらいの範囲が舞台
地理的な距離感や地名、地元に伝わる各家の苗字などに歴史の流れを感じます

特に私の住む龍野地域は黒田官兵衛から見れば仇の赤松勢力の中心にあり、やがて徹底的に滅ぼされた所です
先日、山崎の元庄屋「T家」ご当主と話していると「ここは官兵衛に徹底的にやられた場所です」と最近の事件のように話されました
また友人の赤松君は「南北朝のイザコザが尾を引き明治後は天皇の賊軍と見なされ終戦まで<赤ハゲ>と名乗らされていた」と教えてくれました




播磨に乱立した旧赤松一門の地理的関係…小寺【御着城】、黒田【姫路城】、赤松【龍野城】、浦上【室津城】、別所【三木城】




姫路城も元は赤松の出城で戦国期に播磨には出城が点在…昨今、全国的に天空の城で有名になった竹田城は赤松対策で山名氏が築城しました
そして私の住んでる西に城山(きのやま)があり頂上の城山城は嘉吉の乱で攻め滅ばされた赤松本家滅亡の地であります
その後、黒田家、小寺家、浦上家など旧赤松門下が播磨に乱立し旧赤松一門で再興された赤松政秀と下克上の戦いを繰り広げました

大河ドラマの始まりで描かれた小寺【御着城】、黒田【姫路城】、赤松【龍野城】、浦上【室津城】の駆け引きは正に骨肉の争いです
黒田官兵衛には俗に黒田24騎と呼ばれる家臣団が居たそうで出身地を見ると姫路を中心に北・東・南方面です
西の龍野周辺からはただ一人「菅 六之助」が我が越部地区の出身と古書に伝わっています

官兵衛の一時代前、播磨の上郡で身を起こした赤松円心は中央も睨む一大勢力を築きましたが、やがて嘉吉の乱を経て
播磨は織田信長の西国進出で西の毛利勢との鬩ぎ合う最前線となり黒田官兵衛は秀吉との繋がりを深めました
このような関係で我が故郷周辺には赤松、黒田の流れを汲んだ末裔が沢山居られます




我が家の西に横たわる「寝釈迦」と呼ばれる連山に赤松の古城祉があります




そんな戦国時代をドラマと言う形で高見の見物が出来る時代に住んでいますが
現実世界では今もドロドロとした人間同士の争いが繰り広げられているニュースが流れています
本来なら歴史から学びより平和な世界に暮らしているべきなのでしょうが「人間の本性は恐ろしく進化しないのだ」と思うばかりです

技術は過去の経験に基づき確実に進化しましたが、価値観や人間性という本質は変わらないままの気がします
思想、哲学、宗教、歴史書など様々な教えや史実で人の道が説かれてきたにも拘らず
人類は目前の利益や権力の前に多くが流され右往左往する本能を優先させてしまう現実が証明されているのでしょう

所詮、生きると言う事は崇高な心と共に血なまぐさい現実をも伴う世界を包括していると言うことでしょうが
多くの人は様々な歴史から醸成された人間らしさに生きているのも厳粛な事実です
個々人が自分なりの人生観でより幸せと信じる道に生きたいもの…と官兵衛を見つつ故郷の昔に思いを馳せています




亀山(きのやま)と呼ぶ城山城址の亀の池…高校仲良し5人で遊んだ思い出 亀の池はかなり大きな池なので大人数の篭城に耐える水源だったと思います




もう少し早くホームページ更新をしようと思ってはいるのですが、一旦止まった心身は動かないことを実感しています
時々ご心配の便りを頂き恐縮しますが何とか元気でやっています
タダタダ動かなくなった心身が情けなくなるばかりです

どうぞ皆様も出来る限りは動き続けてください


合掌



ー展示会のお知らせですー

8年ぶりに東京で展示会を開催します…多分今回は私が催す首都圏展示会の最後になると思います
お懐かしい皆々様、お近くの皆様のご来場をお待ちしています
お友達にお知らせ頂ければ幸甚です


会期:平成26年4月15日(火)〜20日(日)
    11時〜19時【最終日18時閉館】

会場:東京銀座 大黒屋ギャラリー 7階 
            〒104−0061 東京都中央区銀座5−7−6 
                  TEL 03-3571-0008





                     ほのぼの夢酔

トップページ 夢酔のトップページ 夢酔ごあいさつ 活動履歴 ゆめよい日記 夢酔写真館 プロフィール リンク