堂野夢酔 プロフィール

夢酔旅姿2.png1944兵庫県生まれ

1963兵庫県立龍野高等学校卒業

1967大阪工業大学卒業・グローリー(株)に入社

1987過労から右目失明療養中に少年時代から憧れていた宮本武蔵を追い水墨画独学

1990大阪・花の万博の仕事で教育評論家 阿部進氏と親交

1992事業中止で自失し放浪...阿部氏の応援で水墨再開

1994全国のデパートや公共施設などで個展をはじめる

1996退職し水墨画専心・神戸で震災復興チャリーティー

1997ギャラリー『夢酔庵』竣工

1998阿部氏と「カバと夢酔の二人旅」を始め、学校や施設を訪問日本経済新聞が夢酔を連載報道

1999ホームページ「堂野夢酔・水墨画の世界」連載開始

2000『夢酔庵』第2会場整備ゲーテ生誕250年祭の文化使節団で訪独

2001京都高台寺にて夢酔特別展が開催され26万人が来場NHK大河ドラマ『武蔵』放映を記念し武蔵を描き放映される

2004日韓文化交流で訪韓、大阪で文化交流二人展開催

2005銘木に水墨画を描き始める

2006画業10周年で地元と東京(日本橋三越本店)で記念展

2008ドイツ・メクレンブルグ州『シュロスミツコ』で半年にわたり夢酔展

2009初の自宅ギャラリー『夢酔庵のおもてなし』を自主企画開催

2010皇室菩提寺・京都東山【泉涌寺】の「雲龍院」本堂14面襖絵奉納

2011東日本大震災復興支援『夢酔庵のおもてなし』開催に1500名来場

2012京都市・JRグループ主催の第46回「京の冬の旅」非公開文化財特別拝観で皇室菩提寺・京都東山【泉涌寺】の「雲龍院」本堂14面襖絵が選ばれる福崎町「嶺雲寺」に襖絵11枚奉納

2013天台宗・比叡山機関誌「ともしび」に夢酔特集

2014書写山・円教寺開祖性空上人菩提寺「弥勒寺」に12枚の襖絵六曲一双屏風を奉納全国の夢酔展、150回をこえる